【MCD】マクドナルドからの配当金(2019年3期)



 
【MCD】マクドナルドから配当金が入金されたよ♪

頂いた配当金は、同じ銘柄に再投資を行うことを基本方針としています。

しかし、まだ個別株の配当が少ない銘柄に関してはETFの配当金と合わせて再投資予定です。

今月は気になる個別株があるので、そちらに再投資をしようと考えています。

・【MCD】第3期配当金額

・【MCD】配当利回りは?

・【MCD】の基本データ、特徴

【MCD】からの配当金$12.53

【MCD】マクドナルドから第3期分の配当金$12.53(税引後)が入金されました。

年間配当金は1株あたり$5.00となります。

【MCD】配当利回り

直近の配当利回りは、2.39%となります。

【MCD】基本データと特徴

ティッカー:MCD
配当利回り(直近):2.39%
年間配当金:$5.00
配当性向:64.4%
連続増配:42年

マクドナルド(McDonald’s Corporation:MCD)は世界中に3万5000以上の店舗を保有している世界最大のレストランチェーンです。

ご存じのように、ファストフード売上高の世界シェアでマクドナルドが圧倒的な地位を持っています。

堂々の42年連続増配&配当性向が64.4% 配当原資は十分で、持続可能な増配です。

【MCD】チャート・配当利回り

MCD2000年からのチャート 「Yhaoo financeより」

最近の株価はややさげておりますが、長期チャートでみると綺麗な右肩上がりです。

【MCD】株式配当データ
【MCD】過去5年間 配当履歴

連続増配は42年、配当性向は65.4% 直近の配当利回りは2.39%です。

【MCD】年4回配当(3月、6月、9月、12月)の配当となります。

なぜ米国株式への投資が望ましいのか?

もしあなたが、日本マクドナルド(2702)と米マクドナルド(MCD)に投資をすることに迷った場合、どちらを選ぶべきでしょうか?

年2回もらえる株主優待のお食事券に釣られて、日本マクドナルドを買ってしまってはだめです。


実は、日本マクドナルドの配当金の連続増配年数はなんとゼロ年なんです。


ほとんどの日本企業がそうですが、日本マクドナルドは原田前CEOが退陣して、カサノバ氏にCEOが変わり過去最高益を叩き出すも、相変わらず配当金は1株あたり30円と据え置きを貫いており、株主に報いるつもりはないようです。

対して、本国の米マクドナルドは、配当金を42年も連続で増加させた実績を誇っています。

高収益で資金が潤沢という理由もありますが、最も異なるポイントは株主に対する姿勢ということなのでしょう。これは、米国株式全体に言えることです。

日本マクドナルドは所詮、本家マクドナルドの傘下企業にすぎません。


永遠に変わらない配当金と、改悪懸念のある優待を期待するよりは、着実にこの先何十年も配当金を増額させてくれることが明白なマクドナルド(MCD)を買った方が合理的であることは明白であるといえるでしょう。

 

今回の記事で何か「気づき」がありましたら、↓1ポチ宜しくお願いします♪ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


記事はいかがでしたでしょうか?
国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスサイトの『FUNDINNO』ご紹介です!
非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。
株式投資型クラウドファンディングのメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人が非上場株式に投資が出来る(上場やMA等において、株価が上昇すれば利益を上げることができる)

・ベンチャー企業をスタート当初から応援できる
 (長期投資になり、景気を気にする必要ない、未来の有望企業の株主になれる)

・エンジェル税制の優遇を受けられる
 (ベンチャー企業への投資を促進するために、 ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。
  投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私自身も、人気案件であった「UNIBOT」に出資をしています。まだ、IPO(新規上場)はしていませんが上場を楽しみに応援したいと思ってます♪
応援している企業が上場しない可能性ももちろんありますので、リスクはやや高めですが投資本来のスタートアップ企業を応援しながら、IPO(新規上場)時の恩恵を最大限に受けれる『FUDINNO』に、投資家登録してみてはいかがでしょう?
登録はもちろん無料ですので、ぜひこの機会に投資家登録だけ済ませておきましょう♪

 

Twitterのフォローも宜しくお願いします /

米国投資の最新記事8件