教育資金はどうやって準備する?預金・学資保険・投資信託

 
Bon
子供ができて将来のために教育資金を貯めなきゃ!さぁ、どうやって準備するのがいいんだろ?
本記事では、教育資金を準備する代表的な手法に関して、それそれの特徴をまとめてみました!
 
・学資保険とは?そのメリット、デメリット

・学資保険の代わりになるものは?

学資保険のメリット・デメリット

学資保険も様々なタイプがあり、小中学校、高校入学時にお祝い金と称して学資金が支払われるタイプのものや保険料の払込期間が短いものなど様々です。

代表的な学資保険の場合でも、返戻率(払込保険料総額に対する受取総額がおおむね104%程度。(2019年8月現在)

払込期間が10年と短期のものでも、返戻率は108%程度です。

ちなみに、私自身は学資保険に5年前に加入したのですが、ソニー生命10年払い込みタイプで返戻率は120%の商品でした。5年前と比べても大幅に返戻率が下がっていることがわかります。

学資保険のメリット

学資保険のメリットは万が一の場合の「保障」があることだと思います。

親に万一のことがあったときに備えて子どもの教育資金だけはしっかりと確保できることが大きなメリットです。

学資保険は預金と違い保障が付いています。

一般的に、親に万一のことがあった場合、それ以降の保険料の払込みが免除になり、満期学資金やお祝い金を受け取れます。

学資保険のデメリット

・元本割れのリスクがある

・積み立て金額に自由度がない(都度の変更が不可)

・金利上昇の恩恵を受けれない

上記のように、学資保険は多くのデメリットも存在します。

預金とは違い、親に万一のことがあった場合に払った金額以上に学資金がもらえるという保障が付いている分、万一のことが無ければもらう金額も当然少なくなります。

学資保険の代わりに投資信託も選択肢となるか?

投資経験のある人ならば、学資保険のように利回りの低い商品を選択せず自分で運用するという選択肢があります。

しかし、投資をこれまでにやったことが無い人は一般的な運用の利回りってわからないですよね。

この感覚がないと投資信託の返戻率108%が、いかに低い利回りであるかという感覚がつかみにくいと思います。

世界株式インデックスに積立投資をしておけば平均利回りが5%程度であったという事実を知っておくべきだと思います。

ただ、自分で運用する場合もメリットデメリットが当選ながらあり、18年後に元本を上回る保証は一切ありません。

自分で教育資金を運用することのメリット

積み立てNISAや、インデックスファンド・個別株etc.. 自分で運用することのメリットは、やはり学資保険以上のリターンを生み出す可能性もあるということです。

期待通りの運用成績が期待できれば、必要な教育資金のすべてを準備できる可能性が高くなります。

自分で教育資金を運用することのメリット

最大のデメリットは、期待通りの運用ができなかった場合に元本割れするということです。

教育資金が必要な時期は、一切待ってくれません。必要な時に、必ず必要な資金を用意しなければなりません。

リスクを抑えるなら、親名義でつみたてNISA

もっとリスクを抑えるなら、親名義でつみたてNISAというのも選択肢の一つです。

ジュニアNISAの最大のネックは、資金がいる時に引き出せないということです。

子供の資金をしっかり貯めたいけど、いざというときにはお金もちゃんと引き出せるようにしたい!とう方には、『つみたてNISA』が選択肢になると思います。

ご自身の資産状況と、将来プランを考えて自分にあったお得な運用方法を選択しましょう!

まとめ

前述のように、「教育資金」は必要な時期に必ず資金を用意しなければなりません。

運用に失敗し、「含み損があるので今はお金が足りません!」は通用しないということです。

このようなことから、教育資金はリスクの許容範囲を安全側に考えることが大事かもしれませんね。

【Bonの教育資金計画】
・学資保険 ソニー生命 10年払い込みタイプ(返戻率120%)・・・20,694(月/円)
・ジュニアNISA(ニッセイ外国株式インデックス)・・・5,000(月/円)

子供が0歳の時より、上記商品で運用しています。また、来月より保育園の無償化が始まるため、不要になった学費を積み立てNISAに回す予定です。

子供が何歳かにもよりますが、教育資金は老後資金の準備に比べると運用期間が短いため、なるべく早い時期から積み立てを開始することが大事であると思います!

 
Bon
学資保険・積み立て投資信託・ジュニアNISA・積み立てNISA・預金・個人向け国債など、自分のとれるリスクのバランスを考えて、教育資金を確保することが大事ですね!
 
今回の記事で何か「気づき」がありましたら、↓1ポチ宜しくお願いします♪ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


記事はいかがでしたでしょうか?
国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスサイトの『FUNDINNO』ご紹介です!
非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。
株式投資型クラウドファンディングのメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人が非上場株式に投資が出来る(上場やMA等において、株価が上昇すれば利益を上げることができる)

・ベンチャー企業をスタート当初から応援できる
 (長期投資になり、景気を気にする必要ない、未来の有望企業の株主になれる)

・エンジェル税制の優遇を受けられる
 (ベンチャー企業への投資を促進するために、 ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。
  投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私自身も、人気案件であった「UNIBOT」に出資をしています。まだ、IPO(新規上場)はしていませんが上場を楽しみに応援したいと思ってます♪
応援している企業が上場しない可能性ももちろんありますので、リスクはやや高めですが投資本来のスタートアップ企業を応援しながら、IPO(新規上場)時の恩恵を最大限に受けれる『FUDINNO』に、投資家登録してみてはいかがでしょう?
登録はもちろん無料ですので、ぜひこの機会に投資家登録だけ済ませておきましょう♪

 

Twitterのフォローも宜しくお願いします /