ANAとJALどっちのマイルがいい?

 
Bon
ANAとJALのマイルってどっちに移行するのがいいの? 

本記事では、ANAとJALのマイルのメリット・デメリットに関してご紹介したいと思います。

・ANAとJALのマイルの貯めやすさは?

・ANAとJALのマイルの使いやすさは?
 

ANAとJALどっちのマイルが貯めやすい?

マイルが貯めやすいのはANAマイル

マイルを貯める方法には、主に次の3つの方法があります。

陸マイラーにとってメインとなる『ポイントサイト』を利用する場合、交換率などを考えるとANAマイルが断然おススメです。

ポイントサイトでためる
・クレジットカード決済でためる
・飛行機に搭乗してためる

 

 ANAマイルは最大81%の交換率

ANAマイルの場合、ポイントサイトで貯めたポイントは、最大81%の交換率でマイルに換えることが可能です。一方、JALの場合は基本的に52%の交換率となってしまいます。

交換率の観点から、ポイントサイトを利用する陸マイルはANAマイルへの変換がおすすめとなります。

 

ANAとJALどっちのマイルが使いやすい?

必要マイル数の比較

JALとANAのマイルを特典航空券に交換するために必要なマイル数はどちらもほどんと変わりません。

しかし、シーズン設定といって渡航時期によっては必要なマイル数が変動する仕組みがJALとANAともに存在します。

ANA、JAL 必要マイル早見表

航空券の取りやすさは?

就航便数では若干ANAのほうが多いです。

国際線の特典航空券の予約はANA,JALとも、約1年前からのスタートとなります。

しかし、ANAはマイルが貯めやすい反面、特典航空券の予約は非常に難しいのが現状です。(※目的地や時期、渡航方法によっては結構とれますが・・・)

JALは”JAL国際線特典航空券PLUS” なる制度を導入したことによりマイルを上積みすることでほぼ確実に特典航空券を発行することができるようになり、特典航空券の取りやすさは、JALに軍配があがります。

 

まとめ

どっちの航空会社も一長一短はありますが、個人的にはマイルの貯めやすいANAから始めることをお勧めします。

マイルの有効期間は3年あります。その間に計画を立てて特典航空券の入手を目指すのもよし! 

3年を過ぎそうなら、ややマイル単価は下がりますが「ANAコイン」へ交換することにより延命もできますし、現金化して投資にまわすこともできます!

 
Bon
コノーリスクでマイルを貯めれる「陸マイラー」!あなたも、最初の一歩を踏み出してみよう!


記事はいかがでしたでしょうか?
国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスサイトの『FUNDINNO』ご紹介です!
非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。
株式投資型クラウドファンディングのメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人が非上場株式に投資が出来る(上場やMA等において、株価が上昇すれば利益を上げることができる)

・ベンチャー企業をスタート当初から応援できる
 (長期投資になり、景気を気にする必要ない、未来の有望企業の株主になれる)

・エンジェル税制の優遇を受けられる
 (ベンチャー企業への投資を促進するために、 ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。
  投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私自身も、人気案件であった「UNIBOT」に出資をしています。まだ、IPO(新規上場)はしていませんが上場を楽しみに応援したいと思ってます♪
応援している企業が上場しない可能性ももちろんありますので、リスクはやや高めですが投資本来のスタートアップ企業を応援しながら、IPO(新規上場)時の恩恵を最大限に受けれる『FUDINNO』に、投資家登録してみてはいかがでしょう?
登録はもちろん無料ですので、ぜひこの機会に投資家登録だけ済ませておきましょう♪

 

Twitterのフォローも宜しくお願いします /