「QQQ」500万円一括購入!!「VYM」から「VOO」そして「QQQ」に乗換えた理由を徹底解説!!

どうも、Bon(@Bon42992932)です 。Twitterのフォローもぜひお願いします♪

 
Bon
ポートフォリオの主軸であるETF。今回「VOO」から「QQQ」に乗り換えた理由を簡単にご紹介します
GAFAMなどのハイテク株にまとめて投資できるETFである「QQQ」の魅力に迫りたいと思います。
・「VYM」から「VOO」そして「QQQ」に乗り換えた理由は!?
 
 
Bon
その他の米国株個別保有銘柄の紹介記事は、下記のまとめ記事をご覧ください
技術士Bonの投資日記~米国株投資~

目次 1 現在の保有銘柄紹介1.1 【ABNB】エアビーアンドビー1.2 【SOFI】ソーファイ1.3 【SKLZ】スキ…

 

「VYM」から「VOO」そして「QQQ」に乗変えた理由

理由①:単純にリターンが優れている

まずは、「VOO」「VYM」「QQQ」の価格比較チャートです。

「VYM」は2006年10月に、「VOO」は2010年9月に、「QQQ」は1999年3月に設立されたETFです。各ETFとも暴落を経験しながら、綺麗な右肩上がりのチャートです。

切り取る期間によって見え方が異なるため、”1年”、”2年”、”5年”、「VOO」設立後”11年”の比較チャートを以下に示します。

「VYM」「VOO」「QQQ」1年間比較チャート 「Yhaoo financeより」
「VYM」「VOO」「QQQ」2年間比較チャート 「Yhaoo financeより」
「VYM」「VOO」「QQQ」5年間比較チャート 「Yhaoo financeより」
「VYM」「VOO」「QQQ」11年間比較チャート 「Yhaoo financeより」

各比較期間においても「QQQ」が「VOO」「VYM」を上回っており、その差は歴然です。

「VOO」は、成長株含む500社を対象にしており、「VYM」は配当性向の高い銘柄約400社を採用しています。

対して、「QQQ」はAPPL(アップル)やAMZN(アマゾン)などの巨大テック企業GAFAMを中心とする米国を代表する強い銘柄で構成され、特にGAMAFの保有割合が高いのが大きな特徴です。

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、インカム投資家に大人気でBonが定期積立していたおすすめETF【VYM】に関する記事です。VYMの特徴や配当金…


技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、米国投資家に大人気でBonが定期積立しているおすすめETF【VOO】に関する記事です。VOOの特徴や配当金に関…


技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、Bonがサテライト銘柄として定期積立しているおすすめETF【QQQ】に関する記事です。QQQの特徴や配当金に関…

 
 
Bon
「VYM」は「QQQ」に比べて分配金が魅力のETFです。そこで次は分配金込みのリターンを比較してみます。

理由②:分配金込みのトータルリターンも優れてい

次に、「QQQ」「VOO(配当率2.05%)」「VYM(配当率2.83%)」の分配金込みのトータルリターンを比較してみましょう。
高配当銘柄を中心とした「VYM」と比較すると、「QQQ」配当率は1%未満と少ないことから、以下に分配金込みのリターングラフで比較してみましょう。

まずは過去3年間の配当込みのリターンからです。

出典:ETF Freplay 3年間トータルリターン

次に過去10年間のトータルリターン比較です。

出典:ETF Freplay 10年間トータルリターン

トータルリターンの比較においても、「QQQ」が圧倒的です。
「VYM」は高配当を組み入れたETFですので、分配金は常に1.0%〜1.5%程度「VOO」よりも高い水準です。

分配金に対しても税金がかかることから、その差はさらに広がる方向になります。

理由③:暴落時の耐性に優れている

出典:ETF Freplay 10年間トータルリターン

ボラティリティ(価格の変動性)が高いことで知られている「QQQ」ですが、意外にも暴落時の耐性(最大下落幅)は他のETFより優れています。

 
Bon
暴落はいつ発生するかは誰にもわかりません。自分自身は常にトレールストップ(-10%)で備えています

まとめ

「QQQ」はアメリカを代表する成長銘柄に集中するETFです。分配金を勘案したトータルリターンにおいても優れ、暴落時の耐性も高く非常に魅力的なETFだと言えます。
大きく下落したときに、コツコツと買い増していく対象としては非常にいおすすめのETFといえるのではないでしょうか。

 
Bon
もっと運用額が増え、年齢も重ねた段階で改めて高配当にシフトすることを再検討する予定です

また、米国ETFの分配金に対する二重課税に関しても「VYM」に対しては不利になります。また、情勢がかわり2重課税問題になんらかの変更があれば、その時に改めて考えようと思います。

 
Bon
分配金額が多いという精神的なメリットはあるものの、やはり長期投資におけるトータルリターンに着目していくことが重要と考えます
技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事では、米国株式・ETF配当金に対する2重課税に関して徹底解説します。また、2重課税を軽減する方法もあわせてご紹介し…

 
 
Bon

励みになりますので、もし記事に何か気づきがありましたらSNSで拡散お願いします!Twitterでも”いいね”や特に”RT”をぜひお願いします♪
今回の記事で何か「気づき」がありましたら、↓1ポチ宜しくお願いします♪ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

【QQQ】を買うならこちらの米国株取扱ネット証券

米国株式を購入するにはこちらの証券会社がおすすめです!
豊富な注文形態が可能で、為替手数料無料・対応の早さなどマネックス証券が一番のお勧めです!


購入手数料は各社同じで、約定代金の0.45%。最低0、上限20$です。

名称 取扱い銘柄数 為替手数料
SBI証券 約1,400銘柄 住信SBIネット銀行の口座を持っているユーザーは通常時でも片道4銭にすることが可能。
楽天証券 約1,400銘柄 為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭
マネックス証券 約4,000銘柄 ※米ドル買付時の為替手数料が無料為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭
  • マネックス証券
    5

    ●米国取扱い銘柄数 (米国j個別銘柄):約3,100銘柄(ADR銘柄):約120銘柄(ETF)290銘柄
    ●(為替手数料)為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭
    ●1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜)最低手数料は0米ドル。手数料上限は20米ドル(税抜)

  • SBI証券
    5

    ●米国取扱い銘柄数 (米国個別銘柄):約1,800銘柄(ADR銘柄):約140銘柄(ETF)280銘柄 ●(為替手数料)住信SBIネット銀行の口座を持っているユーザーは通常時でも片道4銭 ●1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜)最低手数料は0米ドル。手数料上限は20米ドル(税抜)

  • 楽天証券
    5

    楽天証券

    ●米国取扱い銘柄数 (米国j個別銘柄):約3,100銘柄(ADR銘柄):約120銘柄(ETF)290銘柄
    ●米ドルの他に日本円でも買付が可能。ただし、日本円で買付しても片道25銭の為替スプレッドは徴収される。
    ●1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜)最低手数料は0米ドル。手数料上限は20米ドル(税抜)

この記事はいかなる形でも投資アドバイスを構成するものではないことに注意してください。
この記事は調査レポートではなく紹介記事です。投資決定の基礎となることを意図したものではありません。
Bon
記事はいかがでしたか?

 

これまで、マネックス証券が無料で提供していた「マネックスOne」を利用していましたが、サービスの修了に伴い、IDやパスワードの管理をどのサービスで行うか悩んでいました。

実際にいつくかのサービスを利用してみて、一番のおすすめがトレンドマイクロの「パスワードマネージャー」です!
あなたに代わってネットショッピングやネットバンキングなどのWebサービスに必要となるID/パスワードを安全に記憶してくれるパスワード管理ツールです。一番便利なのは、なんといっても「自動ログイン機能」です!

パスワードマネージャーにID/パスワードを預けた後は、もう覚える必要はありません。(※データの暗号化を解除するための唯一の鍵、マスターパスワードだけ覚える必要があります。

パスワードマネージャーの特徴

●複数のID/パスワードを見やすく管理:管理が面倒なWebサイトやアプリのID/パスワードを一括管理。並び替えやフォルダ管理も可能。

●ログインサポート:保管したID/パスワードをWebサイトやアプリ上で呼び出し、ログイン時に面倒な入力の手間を省略可能。

●ID/パスワード以外の情報も管理:銀行口座やクレジットカード情報など、日々の暮らしで必要となる情報を暗号化して保管する。

●パソコンでもスマートフォンでも複数の端末で利用可能:保管したID/パスワードは、台数制限なくWindows、Mac、Android、iOS端末から確認できる。

●クラウドでのデータ管理:保管したデータはクラウド上に保存され、デバイスを紛失したり機種変更をしても、新しい端末から再度アクセス可能。

私自身、メールアドレス・パスワードの使い回しを利用され、不正ログインで仮想通貨を50万円ほど盗まれた苦い経験があります。

月額使用料はたったの157(円/月)です! 大切な資産を、パスワードの使い回しで失わないようにしましょう!!

不正ログインから口座資金を守る!「パスワードマネージャー」の」おすすめの理由を徹底紹介!

Twitterのフォローも宜しくお願いします /