220万円追加投資!【2020年5月】運用実績・ポートフォリオを公開 /含み損益は+25万円に大幅回復

どうも、Bon(@Bon42992932)です 。

 
Bon
Twitterのフォローもぜひお願いします♪

コロナショック相場のなか、今後2番底を目指すのか!?それとも、これまでの経験則が通用しないような相場になっていくいのか・・・・今月の運用実績はどうなったでしょうか!?

本記事では、現在運用している米国個別株式・ETFなどの、2020年5月の実績等を公開します!

 

・米国株式、ETFの運用実績および配当金
・アセットロケーション
・海外(香港)オフショア投資の運用実績
 

2020年5月の米国株式運用実績

評価損益は【3ヶ月前】約-60万円(-7.19%)⇒【2ヶ月前】約-130万円(-15.36%)⇒【先月】約-30万円(-2.94%)⇒【今月】+25万円(+2.14%)と堅調に推移し、ようやくプラ転することができました。

5月は約220万円の追加投資を行い、保有額は(先々月)820万円⇒(先月)970万円⇒(今月)1,190万円となり、米国株関連の運用額が1,000万円の大台を超えました。

 
Bon
今年度の投資方針は、高配当銘柄重視のポートフォリオから、リターン重視のポートフォリオへの移行を目標にしています。
 

売買銘柄(ETF・個別株)

今月は、先月よりさらに強気に現金比率を下げました。
リスクオンで、約220万円のETFおよび個別銘柄を新規・追加購入しました。


今月は、2番底を警戒しつつ反発の可能性が高まったことから、少しづつ積み重ねました。
 
Bon
底値からの反発はバブル相場のようにも見えますが、個人的にはどっちに動いても対応できるように、玉切れだけはしないように資金管理をしていきます。

米国株式ポートフォリオ

投資履歴の記録をきっちり付けだしてから(2019年8月~現在)の、米国株関連の保有遍歴のバーチャートレースはこのような感じです。

ETF定期購入

●「VOO」:4株(約11.5万円)
●「QQQ」:4株(約9.3万円)

以前は、「VYM」・「VOO」・「QQQ」の3銘柄を購入していましたが、今年から「VOO」[QQQ]の2銘柄を毎週末に1株づつ約3万円分(約20万円/月)の購入を基本としています。

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

今回、定期積立していた米国バンガードETF『VYM』から『VOO』に銘柄変更をしました。本記事では、『VYM』に約2年半…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、インカム投資家に大人気でBonが定期積立していたおすすめETF【VYM】に関する記事です。VYMの特徴や配当金…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、米国投資家に大人気でBonが定期積立しているおすすめETF【VOO】に関する記事です。VOOの特徴や配当金に関…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、Bonがサテライト銘柄として定期積立しているおすすめETF【QQQ】に関する記事です。QQQの特徴や配当金に関…

米国個別銘柄の購入・売却

個別株の売買は以下の通りです。

●「ZM」ズーム:+254,229円
●「GOOGL」アルファベット:+2,724円
●「UL」ユニリーバ:-34,707円
●「MCD」マクドナルド:+1,680円
5月利益確:+221,204円

(2020年)計:+66.8万円(税引き後)
米国株 総利益(累計売却益+累計配当金):+150.9万円(税引き後)

今月は上記4銘柄を売却・利益確定しました。今年度は、積極的に利益確定を行っています。


●「MSFT」マイクロソフト:25株 (約49.1万円)
●「CRM」セールスフォース:16株 (約28.7万円)
●「OKTA」オクタ:24株 (約48.7万円)
●「FSLY」ファストリー:30株(13.7万円)
技術士Bonの投資日記~米国株投資~

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を効率化するサービスを提供している…


技術士Bonの投資日記~米国株投資~

SaaSベースのクラウド型ID,パスワード管理・統合認証サービス(IDaaS)を提供する【OKTA】オクタに新規投資しま…


技術士Bonの投資日記~米国株投資~

SaaSベースのクラウド顧客管理CRMを提供する【CRM】セールスフォースに新規投資しました!本記事では、同社の特徴や株…

注目していたSaaS関連の3銘柄と、「MSFT」に新規投資をしました。


●「AMZN」アマゾン:1株$2,340(約25.3万円)
●「DIS」ディズニー:6株 $613(約6.6万円)

●「LVGO」リボンゴヘルス:90株 $5,469(約59.1万円)
●「PG」プロクターアンドギャンブル:1株 $116(約1.3万円)
●「ADSK」オートデスク:2株 $360(3.9万円)
 

5月購入合計金額:約220万円分

アセットロケーション

あまり参考にはならないかもしれませんが、現在(日本株式等すべてを含めた)のアセットロケーションをマネーフォワードのマンスリーレポートでの前月比を公開します。


現金比率は総資産の約30%程度を目安にしていましたが、しばらくは現金300万程度を最低確保しながら積極的にリスク資産の運用に回していこうと思っています。

保険は学資保険、年金は確定拠出年金となります。

米国株配当金

5月は「PG」1銘柄から配当金が入金されました。
全銘柄の累計配当金は$3,400(¥365,785_)となりました。

オフショア投資(香港)アテナベスト積立投資の運用実績

2020年5月現在 運用利回り +16.7%(前月比+1.9%

運用商品の「ETFシステマチックトレーディングポートフォリオ」はトレーディングシステム(機械)が売り買いのタイミングを判断し、システムは特定の株価指数の値動きを分析します。
投資先資産は分析対象の株価指数と同じ銘柄株へ投資するETF(上場投資信託)です。

日本に最も近いオフショア地域(税金がほとんどかからない地域)である香港での運用は、税金の面が非常に優遇されています。

日本居住者は最終的に引き出す時に香港ではなく日本で課税されるものの、途中の利益には税金がかからず複利で運用できるという面がメリットがあります。

オフショア海外積み立ては紹介者を通じて契約することになります。紹介者はコミッション目的で紹介する人が多いですが、それに納得して投資するなら悪い商品ではないと個人的には思っています。

運用期間は20年と長期になりますので、こちらも自分年金の位置づけでのんびり運用したいと思います。

 

 
Bon
積み立て投資の最大の味方は『時間」ですよね♪『時間』を味方につけるために、自分の信じた投資スタイルをつらぬくことが大事ですね!
 
今回の記事で何か「気づき」がありましたら、↓1ポチ宜しくお願いします♪ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
 
 

Bon
記事はいかがでしたか?


SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、日本で初めてTポイントを使って株が買える、 新しいタイプの証券サービスです。 

日本最大のネット証券会社である『SBI証券』が手がけるので、初心者の方も安心です。

ネオモバなら、1株単位(S株(単元未満株))で株が買えるので、 6,800万人※が持っているTポイントを使って簡単に株主になることができます! 
※2018年9月末時点、1年間に利用したT会員数

普段のショッピングや携帯料金・ガソリン代などの支払いで貯めた数百ポイントを使って、お得に投資を始めることが可能です。

50万円までの取引であれば、投資にかかるのは月額サービス利用料200円(税抜)のみ。
さらに、毎月Tポイントが200ptもらえるので、50万円までの取引にかかる取引費用はわずか16円と業界最安水準となっています。

取引を始めるまでの準備も簡単で、口座開設後にクレジットカードを登録し、Tポイントの利用手続きをするだけです。

 

↓登録はこちらからどうぞ♪

 

Twitterのフォローも宜しくお願いします /