【2021年5月】米国株 運用実績公開/含み損益は!?

どうも、Bon(@Bon42992932)です 。

 
Bon
Twitterのフォローもぜひお願いします♪
現在運用している米国個別株式・ETFなどの、2021年5月の運用実績公開記事です。

・米国株式、ETFの運用実績および配当金

2021年5月の米国株式運用実績

コロナショック後の大底(約-130万円)から、合計損益が+1,000万円の大台を超えて順調に増加→続落で、一旦大部分を利益確定しました。

2021年5月 ポートフォリオ・損益

 

米国株ポートフォリオ

2021年5月現在の保有銘柄は、以下の12銘柄です。(先月比+1銘柄)


現在保有および、過去の保有銘柄紹介まとめ記事は↓です!

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

目次 1 現在の保有銘柄紹介1.1 【ABNB】エアビーアンドビー1.2 【SOFI】ソーファイ1.3 【SKLZ】スキ…


 
Bon
銘柄選定の参考にどうそ!

売買銘柄(ETF・個別株)

個別銘柄購入

●マネックス証券
●SBI証券

・TDOC(テラドックヘルス):買戻し
・WISH(コンテクストロジック)
・FUTU(フツホールディングス)
・ABNB(エアビー アンド ビー)
・ETSY(エッツィー)
・RDFN(レッドフィン)
・TDOC(テラドックヘルス)
・DDOG(データドッグ)
・GOCO(ゴーヘルス)
・TSLA(テスラ)
・FSLY(ファストリー)
今月は、大きくPFを変更です。
以前から注目していた5銘柄に新規INしました。



TwitterでのTLから、ワクチン接種の進むアメリカでは、ここ日本では想像ができないほど”アフターコロナ”に進んでいる感覚を受けました。


ETF購入

QQQ:16株($5,200)

利益確定の資金でETFを追加購入しました。

以前は、「VYM」・「VOO」・「QQQ」の3銘柄を購入していましたが、こちらもややリスクオンを取る形で「QQQ」の1銘柄購入に切り替えました。

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

今回、定期積立していた米国バンガードETF『VYM』から『VOO』に銘柄変更をしました。本記事では、『VYM』に約2年半…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、インカム投資家に大人気でBonが定期積立していたおすすめETF【VYM】に関する記事です。VYMの特徴や配当金…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、米国投資家に大人気でBonが定期積立しているおすすめETF【VOO】に関する記事です。VOOの特徴や配当金に関…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

本記事は、Bonがサテライト銘柄として定期積立しているおすすめETF【QQQ】に関する記事です。QQQの特徴や配当金に関…

まとめ

Myポートフォリオの、月間パフォーマンスは11銘柄中10銘柄が下げる形ととなりました。

PJNY(プロジニー)は強い動きを見せており、やや割高圏に入ってきた印象です。



先月ショートレポートの餌食となり大きく下げた、SKLZ(スキルズ)・LFMD(ライフメディア)の2銘柄は反発基調に入ったような動きに。基本的には中~長期保有で考えているので、損切せずそのままHOLDの予定です。

また、時間をみて新規IN銘柄の紹介記事を書いていきます!

今回の記事で何か「気づき」がありましたら、↓1ポチ宜しくお願いします♪ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
 
Bon
励みになりますので、もし記事に何か気づきがありましたらTwitterでも”いいね”や特に”RT”をぜひお願いします♪
 

おすすめの米国株取扱ネット証券

米国株式を購入するにはこちらの証券会社がおすすめです!
購入手数料は各社同じで、約定代金の0.45%。最低0、上限20$です。

名称 取扱い銘柄数 為替手数料
SBI証券 約1,400銘柄 住信SBIネット銀行の口座を持っているユーザーは通常時でも片道4銭にすることが可能。
楽天証券 約1,400銘柄 為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭
マネックス証券 約3,300銘柄 為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭
  • マネックス証券
    5

    ●米国取扱い銘柄数 (米国j個別銘柄):約3,100銘柄(ADR銘柄):約120銘柄(ETF)290銘柄
    ●(為替手数料)為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭
    ●1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜)最低手数料は0米ドル。手数料上限は20米ドル(税抜)

  • SBI証券
    5

    ●米国取扱い銘柄数 (米国個別銘柄):約1,800銘柄(ADR銘柄):約140銘柄(ETF)280銘柄 ●(為替手数料)住信SBIネット銀行の口座を持っているユーザーは通常時でも片道4銭 ●1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜)最低手数料は0米ドル。手数料上限は20米ドル(税抜)

  • 楽天証券
    5

    楽天証券

    ●米国取扱い銘柄数 (米国j個別銘柄):約3,100銘柄(ADR銘柄):約120銘柄(ETF)290銘柄
    ●米ドルの他に日本円でも買付が可能。ただし、日本円で買付しても片道25銭の為替スプレッドは徴収される。
    ●1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜)最低手数料は0米ドル。手数料上限は20米ドル(税抜)

Bon
記事はいかがでしたか?

 

これまで、マネックス証券が無料で提供していた「マネックスOne」を利用していましたが、サービスの修了に伴い、IDやパスワードの管理をどのサービスで行うか悩んでいました。

実際にいつくかのサービスを利用してみて、一番のおすすめがトレンドマイクロの「パスワードマネージャー」です!
あなたに代わってネットショッピングやネットバンキングなどのWebサービスに必要となるID/パスワードを安全に記憶してくれるパスワード管理ツールです。一番便利なのは、なんといっても「自動ログイン機能」です!

パスワードマネージャーにID/パスワードを預けた後は、もう覚える必要はありません。(※データの暗号化を解除するための唯一の鍵、マスターパスワードだけ覚える必要があります。

パスワードマネージャーの特徴

●複数のID/パスワードを見やすく管理:管理が面倒なWebサイトやアプリのID/パスワードを一括管理。並び替えやフォルダ管理も可能。

●ログインサポート:保管したID/パスワードをWebサイトやアプリ上で呼び出し、ログイン時に面倒な入力の手間を省略可能。

●ID/パスワード以外の情報も管理:銀行口座やクレジットカード情報など、日々の暮らしで必要となる情報を暗号化して保管する。

●パソコンでもスマートフォンでも複数の端末で利用可能:保管したID/パスワードは、台数制限なくWindows、Mac、Android、iOS端末から確認できる。

●クラウドでのデータ管理:保管したデータはクラウド上に保存され、デバイスを紛失したり機種変更をしても、新しい端末から再度アクセス可能。

私自身、メールアドレス・パスワードの使い回しを利用され、不正ログインで仮想通貨を50万円ほど盗まれた苦い経験があります。

月額使用料はたったの157(円/月)です! 大切な資産を、パスワードの使い回しで失わないようにしましょう!!

不正ログインから口座資金を守る!「パスワードマネージャー」の」おすすめの理由を徹底紹介!

Twitterのフォローも宜しくお願いします /