旅好き必携のSPGアメックスの特徴メリット・デメリットをご紹介!

Bonです。
当記事では、SPGアメックスに興味があるけど加入するか悩んでおられる方、当カードの特徴などに関するご紹介です!

・SPGアメックスの特徴、メリット、デメリット。
・SPGアメックスの主な特典

SPGアメックスの基本情報

マイレージが貯まり、且つホテルも楽しみたい人、つまり旅行好きに必携のクレジットカードが「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(略して、SPGアメックスカード)です。

SPGとは、世界中でホテルを運営する、スターウッド ホテルアンドリゾートの会員サービス名称です。(正確には、会員サービス名称「でした」)

というのも、2018年8月18日に、「spg」と「マリオットリワード」、」「ザリッツ – カールトンリワード」は会員プログラムが統合されました。

この3つのプログラムは、しばらく別の会員サービス名称で運営されていましたが、2019年2月13日から、これらのプログラムは「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」という名前に統合され、完全に1つのプログラムになりました!

Marriott Bonvoyへの名称変更で、SPG AMEXカードも、その名称やカードデザインが変わる見込みです。
その他のサービス内容も若干変更になる可能性があります。

SPGアメックスカードを簡単に説明すると、年会費は31,000円(税抜)で、6,500施設を有する世界最大のホテルグループ「マリオットグループ(SPG・リッツカールトン含む)」のゴールド会員ステータスが与えられるので、ホテル滞在がちょっぴりリッチになります。

また毎年のカード契約更新時には、世界中のマリオットグループで使える無料宿泊券(3〜5万円相当)が貰えます。

通常のショッピング利用では100円で3ポイント貯まります。これはマイルに交換した場合、3ポイント=1.25マイル相当になるので、還元率1.25%です。高還元かつ40社以上の航空会社のマイレージに交換することができる日本唯一のカードのため、マイラーに大人気のクレジットカードです。

マリオットグループのホテルの宿泊では、マイル還元率8.75%(通常ポイントなど含む)と、ホテル滞在でもガンガン貯まります。

もちろん、国内空港ラウンジ無料(海外は一部)、手荷物宅配無料サービス、航空便遅延費用補償、最高1億円の海外旅行保険、ショッピング・プロテクションなど、アメックスならではの手厚い特典も付いています。

SPGアメックスカードのデメリット

デメリット① 高額な年会費

SPGアメックスの最大のデメリットは、なんといっても高額な「年会費31,000円(税別)」です!
本会員が31,000円(税別)で家族カードは15,500円(税別)。

家族カードも普通のゴールドカード並みに高いです。(※家族カードは無料宿泊の特典無し)

SPGアメックス申し込みたいけど年会費が・・・と躊躇される方も多いと思います。

デメリット② ホテル宿泊の視野が狭くなる

SPGアメックスの特典はマリオットグループ内で生かされるクレジットカードです。

ポイントや無料特典で宿泊できるホテルは当然ながらマリオットグループに限定されます。
マリオットに宿泊すると100円につき6ポイントも貯まるのでそれでまたマリオットに泊まることができます。

これは当然のビジネスモデルですが、マリオットから抜け出せなくなります。

しかしマリオットグループにはリッツカールトン・セントレジス・シェラトン・ウェスティンなど29ブランドあり、世界に6,500軒以上のホテルがありますので飽きることはないと感じています。

ホテルブランドが違うと当然ながらホテルの雰囲気やサービスも違いますし、同じブランドでもロケーションが違うとこれもまた同様です。

また、国内旅行でも異国の空気感を感じれることもあり、異国に旅行していると錯覚することもしばしばです。

デメリット③ 国際ブランドがアメックスである

SPGアメックスの国際ブランドは「アメリカン・エキスプレス」です。

アメックスと聞くと未だに使えないお店が多くて使いにくそうと思われるかもしれません。
しかしながらアメックスは唯一の国内ブランドであるJCBと提携しているため日本国内ではかなり普及しています。店頭にアメックスの明示がなくても、JCBで決済が可能な場合はアメックスでの決済も行えることがほとんどですので、一度店員さんに試してもらってみてくださいね。

また当然ながらアメリカ本土やハワイは問題ないですし、東南アジア系もかなり使えるようになりました。
しかしながらヨーロッパなどはまだまだ使えないお店が多い印象があるので、ヨーロッパへの旅行には、VISA/Mastercardの併用をおすすめします。

SPGアメックスカードのメリット

メリット① マリオットボンヴォイのゴールドエリートになれる

SPGアメックスに入会するとそれだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になることができます。

通常は対象となるマリオットグループのホテルに25泊以上しないとなれないのですが、たった年会費31,000円を支払うだけでゴールドエリートになれます。

①スイート以外のより望ましい客室にアップグレード(空室条件等による)

②午後2時までのレイトチェックアウトが可能(空室状況等による)

③滞在ごとに25%のボーナスポイントがもらえる

④ウェルカムギフトとして250-500ポイントがもらえる

⑤ホテル客室内のWiFiが無料

⑥レストラン・バーが15%OFF

⑦6歳以下の添い寝無料

上記が主な特典ですが、特に客室のアップグレードはメリットを感じれる点だと思います。

眺めがいいお部屋や高層階・より広いお部屋にしてもらえるので、それだけでも数千円〜数万円の価値を無料で体験することができます。

リッツカールトンでもアップグレードの可能性!



特典にない場合も、ホテルの裁量でアップグレードが決まることもありますし、良いホテルの1ランク・2ランク上の部屋というのは、相当快適です。

ちなみに、このリッツカールトンはどの部屋に泊まっても、クラブラウンジへアクセス権が付くので、食事やお酒を楽しめるのでお勧めです。

しかも、1泊1室1万円代で泊まれることもあります。

・有効期限は無期限

・ポイント購入が可能

・ポイントで無料宿泊やアップグレードできる

・マイル交換比率が高い

有効期限は無期限

ポイントの有効期限は、基本1年間です。

しかし、最後に利用した日から1年間ですので、仮に本日利用したら、これまですでに保有していたポイントも本日取得したポイントも、有効期限は本日から1年後になります。

そのため定期的に利用していれば有効期限は「実質無期限」となります。

人気のANAマイルの有効期限3年と比較しても、出口戦略の自由度の高さという観点でメリットが高いと思います。

マイルの交換比率が高い

SPGアメックスをマイルを貯めるための決済カードにしている方も多いです。

なぜならANAもJALも1.25%の比率でマイルに交換できるからです。

SPGアメックスでは100円につき3ポイントがもらえます。

また3ポイントは1マイルに交換が可能なので交換率は1.0%。

60,000ポイント毎に交換すれば15,000ボーナスポイントがもらえるため、60,000ポイント交換すれば25,000マイルになるため交換率が1.25%になります。

当然ながらマイル移行手数料も不要でANA/JAL含む世界の40社のマイルに交換可能です。

陸マイラーの間でも人気のANAのマイルは人気が高く、マイルは貯まったがなかなか特典航空券が入手できないというジレンマに陥いります。

しかし、SPGアメックスでは40社の航空マイルに交換が可能であり、出口戦略の幅が大幅に増えるメリットがあります。

メリット② カード更新で1泊無料宿泊券がもらえる

SPGアメックスカードを更新すると50,000ポイントが与えられますのでカテゴリー5のホテルに無料で1泊することが可能です。

この特典のすごいのはGW・お盆・年末年始など日本の繁忙期でも空室があれば利用できるという点です。

・無料の範囲:1泊1室2名

 

・部屋のクラス:スタンダードルーム

・対象ホテル:50,000ポイント以内のマリオットボンヴォイ(マリオット、SPG、リッツ・カールトン)参加ホテル

・利用日制限:なし(空室があればいつでも利用可能)

・有効期限:1年間

・ゴールドエリート特典:利用可能

 
無料の範囲
1泊1室2名まで、スタンダードルームが無料になります。

 

マリオット、SPG、リッツ・カールトン参加ホテルのうち、1泊50,000ポイント以内のホテルなら、世界中で利用可能です。

添い寝の子供はOK

1泊1室2名までが対象ですが、添い寝の子供はOKです。

 

ただし、ホテルごとに添い寝が可能な子供の年齢が異なるので、各ホテルに確認が必要です。

1歳未満ならベビーベッドを無料で借りることもできます(ホテルによって対応変わる可能性あり)。

例:ウェスティン東京は12歳まで、ディズニーランド利用時のおすすめシェラトン・グランデ・トーキョーベイは6歳まで添い寝OK

マリオット、SPG、リッツ・カールトン参加ホテルのポイント目安
50,000ポイントまでのホテルはどんなところがあるのか?

 

50,000ポイントで宿泊できるのは、カテゴリー6までのホテル。

2019年からスタートするオフピークの時期なら、カテゴリー7のホテルも利用できそうですね。

カテゴリー6のホテルでも1泊3万円~5万円以上なので、無料宿泊だけで、年会費の元が取れます。

日本のカテゴリー6のホテルは以下のようなホテルです。

カテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
4 20,000 25,000 30,000
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 70,000

*背景ピンクのポイント数はSPG継続特典で無料宿泊可能なカテゴリーと時期

日本のカテゴリー6のホテルはこのようなホテルです。

・シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
・ウェスティンホテル東京
・シェラトン都ホテル東京
・東京マリオットホテル
・ザ・プリンスさくらタワー東京
・大阪マリオット都ホテル
・ウェスティンホテル大阪
・オキナワマリオット リゾート&スパ

例えば、「ウエスティンホテル東京」はカテゴリ6です。

スタンダード期なら、ポイントがあれば5,000ポイントで宿泊できますし、更新無料宿泊特典として利用可能です。

現金宿泊の場合、12月31日から1泊二日でなんと68,400円もします。

正直これだけで年会費31,000円以上の価値があるのでものすごい特典であることは明白です!

当然ながら日本国内だけではなく世界のホテルで利用することができますので、ぜひ利用してみてください!

無料宿泊特典はマリオット・リッツ・カールトンでも使える

SPGアメックスの無料宿泊特典は、SPG参加ホテルが対象でしたが、2018年8月からマリオット&リッツ・カールトンでも利用可能に!

SPGアメックスのご紹介プログラム特典をご希望の場合は、こちらのフォームに返信用メールアドレス、「SPGアメックスの件」とご記入の上、「送信」ボタンを押してください。
なるべく早く、SPGアメックスカードの紹介プログラムについてのご案内メールを送付させて頂きます♪。

SPGアメックス紹介プログラム問い合わせ

下記記事もご参考にしてくださいね♪

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

SPGアメックスカードはホテル特化型のクレジットカードで、年会費は31,000円にも関わらず、非常に人気の高いカードです…

技術士Bonの投資日記~米国株投資~

どうも、Bon(@Bon42992932)です 。 旅好きに一番人気の「SPGアメックスカード」に入会しようと思ったら、…

今回の記事で何か「気づき」がありましたら、↓1ポチ宜しくお願いします♪ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  



記事はいかがでしたでしょうか?
国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスサイトの『FUNDINNO』ご紹介です!
非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。
株式投資型クラウドファンディングのメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人が非上場株式に投資が出来る(上場やMA等において、株価が上昇すれば利益を上げることができる)

・ベンチャー企業をスタート当初から応援できる
 (長期投資になり、景気を気にする必要ない、未来の有望企業の株主になれる)

・エンジェル税制の優遇を受けられる
 (ベンチャー企業への投資を促進するために、 ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。
  投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私自身も、人気案件であった「UNIBOT」に出資をしています。まだ、IPO(新規上場)はしていませんが上場を楽しみに応援したいと思ってます♪
応援している企業が上場しない可能性ももちろんありますので、リスクはやや高めですが投資本来のスタートアップ企業を応援しながら、IPO(新規上場)時の恩恵を最大限に受けれる『FUDINNO』に、投資家登録してみてはいかがでしょう?
登録はもちろん無料ですので、ぜひこの機会に投資家登録だけ済ませておきましょう♪

 

Twitterのフォローも宜しくお願いします /