【悲報】三井住友カードが「マイ・ペイすリボ」による年会費の割引を改悪!「陸マイラー」に影響

Bonです。

本記事では、ANAマイルへの変換率を上げることができることから人気の「ANA VISA」カードの年会費改悪に関する情報です。

ANA VISAカード「マイ・ペイすリボ」による年会費の割引改悪に関して
 

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典が変更へ。リボ手数料払わないと割引対象外。

改悪内容

三井住友カードが、「マイ・ペイすリボ」による年会費の割引制度を改定するとアナウンスを出しました。
変更は、2021年2月以降の支払い年会費からの実施となります。

制度改定後は、年に1回リボ払い手数料の発生が、年会費割引の条件となります。
今までは、マイ・ペイすリボ」に登録さえすれば、リボ払いの発生有無に関わらず年会費が割引になっていました。

(改悪前):「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上の利用がある。

(改悪後):「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある。
 
公式サイトでのアナウンスはこちら

「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ


これまでは「マイ・ペイすリボ」に登録だけしておき、毎月のリボ払い額を十分に大きな金額にしておきさえすれば、リボ払い手数料を支払うことなくカード年会費を無料・半額・割引にできていました。

改悪後は、残念ながらこの技が使えなくなってしまいます。
 

こちらはANA VISAカードにおける、年会費割引の例です。

年会費
(税抜)
マイ・ペイすリボ
適用後
割引額
ANAカード 2,000円 1,025円 975円
ANA Suicaカード 2,000円 751円 1,249円
ANA TOKYU マスターカード 2,000円 751円 1,249円
ANA ワイドカード 7,250円 6,275円 975円
ANA ワイドゴールドカード 14,000円 10,500円 3,500円
ANA SFCカード 10,250円 9,275円 975円
ANA SFCゴールドカード 15,000円 11,500円 3,500円
ANA プラチナプレミアムカード 80,000円 割引適用外 0円

なお、実際の年会費は上記から更に「WEB明細サービス」割引を重複して適用可能。
「WEB明細サービス」は、ゴールドカードが-1000円、それ以外が-500円となります。

 

今後の対応策

「マイ・ペイすリボ」は、「1回払い」を自動で「リボ払い」にするサービスです。


毎月の支払い上限額は自分で設定できることから、設定可能な一番高い額に設定しておいて全て1回払いの範囲に収め、「実際にはリボ払い手数料が発生しない」ようなやり方でリボ払い手数料は発生せずに、年会費割引の適応だけを受けることが可能でした。

今回の制度変更では、年会費割引の条件に「年1回のリボ払い手数料の支払い実績」が加わることから、支払い上限を1ヶ月間だけ変更してリボ払い手数料を年に1回発生させるなど工夫が必要になってきます。

動向を確認しながら、どこかでノルマをこなすことをお忘れなく!


 Amazon Mastercard ゴールド は改悪対象外

Amazon Mastercard ゴールドは、年会費10,000円(税別)で Amazon プライム特典が自動付帯するクレジットカード。

「マイ・ペイすリボ」とWEB利用明細とを組み合わせ、かつ、年6回の請求があればカード年会費が最大6,000円引きとなり、正規のAmazonプライム会員年会費よりもお値打ちになるお得なカードです。

Amazon Mastercard ゴールドは今回の改悪対象外とのことなので、ホルダーは一安心ですね。

記事はいかがでしたでしょうか?
国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスサイトの『FUNDINNO』ご紹介です!
非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。
株式投資型クラウドファンディングのメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人が非上場株式に投資が出来る(上場やMA等において、株価が上昇すれば利益を上げることができる)

・ベンチャー企業をスタート当初から応援できる
 (長期投資になり、景気を気にする必要ない、未来の有望企業の株主になれる)

・エンジェル税制の優遇を受けられる
 (ベンチャー企業への投資を促進するために、 ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。
  投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私自身も、人気案件であった「UNIBOT」に出資をしています。まだ、IPO(新規上場)はしていませんが上場を楽しみに応援したいと思ってます♪
応援している企業が上場しない可能性ももちろんありますので、リスクはやや高めですが投資本来のスタートアップ企業を応援しながら、IPO(新規上場)時の恩恵を最大限に受けれる『FUDINNO』に、投資家登録してみてはいかがでしょう?
登録はもちろん無料ですので、ぜひこの機会に投資家登録だけ済ませておきましょう♪

 

Twitterのフォローも宜しくお願いします /